GEIOT 2020年度 成果発表会(オンライン開催)のご案内 【8月8日(土)13:00~16:40】

2020年度 Geiot受講生による成果発表会を下記の通り開催いたします。

今年度はCOVID-19対策のためオンラインイベントとして開催致します

Geiotは、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の得意とするAI、 ビックデータ、 バイオテックやナノマテリアル技術をバックグラウンドにしたイノベータ/グローバルアントレプレナー育成プログラムであり、基本的な技術開発から、製品やサービス企画、ビジネスプラン構築まで、起業や新規事業創出に必要な基本的な知識やスキルを習得できる実践的コースワークを提供しています。

最終成果報告会では、2020年度受講生による6件のビジネスアイデアを、各チームが開発したプロトタイプ製品・サービスも交えて実践的に報告いたします。
また、本学ソーシャルコンピューティング研究室・荒牧英治教授による医療AIの最先端動向についての特別講義を行います。

過去に本プログラムの中で生まれたアイデアをもとに実際のビジネス展開を目指し、起業した受講生グループも多数存在します。IoT分野での起業やNAISTが得意とするやAI、ビッグデータ、バイオテック、ナノマテリアル技術における教育・研究活動、アントレプレナー育成プログラムに興味をお持ちの皆様のご参加をお待ち申し上げます。今後実施予定の本学のアントレプレナー育成イベントに関する情報も提供致します。

日時:2020年8月8日(土)13:00~16:40(オンラインポスターセッション同時開催予定)
会場:大阪イノベーションハブ(発表者・審査員のみ会場から参加。ご聴講はリモート参加のみ)

申込はこちらから(ご登録者には折返し、Zoomのイベント情報をご連絡差上げます。)

プログラム

13:00~13:10 開会挨拶  先端科学技術研究科・情報科学領域長 松本健一
13:10~13:20 審査員ご紹介   
13:20~15:20

 ビジネスプレゼン20分×6件
(タイトルや発表順序は変更されることがあります)

  • 「Artrium 〜美大生と鑑賞者の架け橋〜」(チーム A “ArtEgg”)
  • 「テラタスカル~IoTを活用した,お寺特化型文化財継承サービス~」(チームB "ユビ高専”)
  • 「CommentShare 〜つまずく初学者を救え〜」(チーム C)
  • 「NAISmarT〜スーパーと消費者をつなぐ〜」(チームD "N&N")
  • 「アグモ〜飲食店と農家のマッチングサービス〜」 (チーム E ”GoodnE『いいね』”)
  • 「prAIse~AI人材スキルチェックサービス~」(チームF "チーム・ドードリオ")
15:20~16:20

特別講演:
「研究とビジネス ~巨大マーケットの間で 何を学ぶか~」

 先端科学技術研究科・情報科学領域・教授 荒牧英治

16:20~16:40

審査結果発表・講評・閉会挨拶

 副学長/先端科学技術研究科・研究科長 小笠原司

特別講演 「研究とビジネス ~巨大マーケットの間で 何を学ぶか~」

【講師】荒牧 英治(あらまき えいじ)
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学・ソーシャル・コンピューティング研究室・教授

医療現場が変わりつつあります.電子カルテに集積される医療ビッグデータ,それを用いた人工知能による診断支援,さらには,スマートフォンやスマートスピーカといった新たなデバイスからの患者情報など,様々な材料,技術が登場しています.これにともない,多くの医療AIベンチャー生まれつつあります.同時に,大学の研究室からも医療や健康に関するベンチャーとの共同研究やスタートアップの企業が活発化しつつあります.我々の奈良先端科学技術大学院大学ソーシャル・コンピューティング研究室も,これまで多くのベンチャーを始めとした企業と共同研究を行ってきました.
本公演では,いくつらの事例をベースに,どのような研究が企業ニーズがあったのか,また,企業ニーズがありそうで売れない研究など,体験談をご紹介できればと思います.

ソーシャル・コンピューティング研究室: http://sociocom.naist.jp/


コンテスト審査員(予定、順不同)

  • 松山 領 様(株式会社南都銀行 地域事業創造部)
  • 藤原 広光 様(株式会社フィット)
  • 水原 隆道 様(株式会社クレアリンクテクノロジー)
  • 小笠原 司(奈良先端科学技術大学院大学)

参加申し込み方法

成果報告会への参加申し込みは下記のフォームよりお願い致します。

日本語
Tags: