ベンチャービジネス創出のための先端技術セミナー/ GEIOT説明会2018

IoTアントレプレナー育成プログラム「GEIOT」のメソッドを詰め込んだイベントを開催!(参加費無料)

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の英知をフル動員し、過去にさまざまな起業家を輩出しているIoTアントレプレナー育成プログラム「GEIOT」。
今年も、そのメソッドを詰め込んだ情報提供セミナーを「大阪イノベーションハブ」にて開催します!
2月14日のテーマは、「ソーシャル×IT」です!

【GEIOT個別相談会も開催】
平成30年度の受講者募集がはじまり、先んじて本セミナーで概要を詳述します!
GEIOTにご興味のある方は、このイベントに限り、個別相談も実施!
どんなことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

参加登録はこちら

※文部科学省のグローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGE)の助成終了後もNAISTの履修証明プログラムとして開講されます(履修条件有)。

【2月14日タイムスケジュール】

◎18:00〜   受付開始
◎18:30~18:40 開会あいさつ
◎18:40~19:20 研究紹介1 「ソーシャルロボティクス- 社会に受け入れられるロボットを目指して -」 神原誠之 奈良先端科学技術大学院大学 准教授
◎19:20~20:00 研究紹介2 「人工知能が変える医療・健康」(仮)  荒牧英治 奈良先端科学技術大学院大学 特任准教授
◎20:00~20:20 Geiotプログラム紹介
◎20:20~21:00 Geiot個別相談会(予定)

研究紹介1 「ソーシャルロボティクス- 社会に受け入れられるロボットを目指して -」  

人々の安心・安全・快適な生活を実現するために、様々なモノの知能化・ロボット化・IoT化が進んでおり、人々を取り巻く生活環境が変化しつつある。しかし、実現された新たな技術をそのまま社会適用することで様々な問題が発生していることも事実である。新たな技術が真に人々に活用されるためには、その技術の社会的受容性を考慮する必要がある。本発表では、対話ロボットや自動走行車などを例に挙げ、ロボットが社会的に受け入れられるための技術を紹介する。

【講師】

神原誠之 氏
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)
環境知能学研究室 准教授
2002年奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了。2002年同大情報科学研究科助教。2010年同大准教授、現在に至る。複合/拡張現実感、環境知能、ヒューマンロボットインタラクションの研究に従事。

 

 

 

研究紹介2 「人工知能が変える医療・健康」(仮) 

人工知能が医療や健康産業を革新しつつあります.新しい技術によって,今後,どのようなことが可能になるのでしょうか? 言語を扱った研究を中心に,医療ビッグデータを用いた診断支援,認知症の早期発見,花粉症のサーベイランスといった応用事例を紹介するとともに,今後の動向を議論します.

【講師】

荒牧英治 氏
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)
研究推進機構 ソーシャル・コンピューティング研究室 特任准教授
2005年東京大学医学部附属病院特任助教,2008年東京大学知の構造化センター特任講師,2011年京都大学デザイン学ユニット特定准教授を経て,奈良先端科学技術大学院大学特任准教授。
医療情報学,自然言語処理の研究に従事.ソーシャルメディアを用いたインフルエンザの流行把握(CLIO Healthcare Awards Gold Awards, 2011年)など,新しいWeb技術の医療応用を試みている。

 

注意事項

参加にあたっての注意事項

  • イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。
    また、メディアの取材を受けることがあります。
    これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。

【会場】大阪イノベーションハブ(グランフロント大阪)

【参加費】 無料

参加登録はこちら
Tags: